忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
 いらっしゃいませ。 京都のJAZZ喫茶「那達幕」の公式サイトです。 ライブ・イベントのご案内など。
店舗DATA
那達幕 (ナーダム)
[Phone&Fax]
 0774-95-0997
[Address]
 〒619-0237
 京都府相楽郡
 精華町光台4-16-1
[E-Mail]
 naadam@mve.biglobe.ne.jp
QR code
Counter
Analyze
今年も和布十景のショーを実施できます。
皆さんのあたたかい勧めにも乗っかって、
7回目になりました。
今年のサブタイトルは、「掌ほどの玉を」としました。
どうぞご覧くださいませ!
(早めのご予約をお願いします)

◆和布十景 2016 ~掌ほどの玉を~
◆10/23(sun)  pm1:00 start
◆参加費;2500円(1ドリンク・お菓子付)
◆会場;那達幕(NAADAM)・問合せ;0774-95-0997
ーーーーOPEN  正午ーーーー
pm1:00~自主参加ウォ-キング
pm1:15~和布十景ショー
pm3:00~ミニライブ Jazz duo
     vocal 藤澤茉莉那、piano 藤澤訓三
※定員;80名(予約先着順)/満席になり次第締切ります.
 (当日、駐車スペースはありません)
※開演後の入場はできませんので、時間厳守願います。
PR
★小説の中の音楽(音楽と本)、持ち寄りトーク
★2016.6/25(土) PM5:30~
★参加費;1000円(1-drink&snack)
◆ナビゲータ;岡井仁志
企画;「噺小屋・幕間makuai」
【夕定食1620円、他居酒屋メニュ有り】

小説の中には音楽が様々な使われ方をしています。
物語を紹介してそこで使われている音楽を実際に聴いてみる。
それをお互い持ち寄って、好きなようにお喋りしたら楽しかろ?
と、岡井氏が言い出したのを受けて、参加しやすいように幅を広げ、
お気に入りの「音楽と本」を上手く関連付けて
紹介し合うことにしたらどうだろう?と考えました。
紹介の仕方もお好きなように試みてください。
自分で歌ったり演奏したり・・。
ぼくは、三つほど紹介すべく模索中で、
無理にも結び付けようと理由付け探して意外に楽しめます。
何の役にも立たないこと極まりなく、
エネルギーの無駄使いみたいな気がしてきて、
それがイサギヨク思え、気分が乗ってきました。
ギャラリーは多いほどやる気になります。
ただ聞くだけの人も大歓迎です。お祭りマンボ!
ちなみに、音楽の再生メディアは、
CD,DVD,USB(パソコン)、タブレットです。
その他、気軽にお問い合わせください。

いい季節です。
この辺りの田圃では水張りの段取りが始まっています。
五月晴れの下、あちらこちらで
水田が空を映して青く爽やかな風情を与えてくれます。
少し間が空きました雑談会。気軽に足をお運びください。

今回の話題は、
※理学療法士の視点から見た、現在の医療現場を語る。
日時は、5月28日、夕5時30分から
参加費:1000円(1ドリンク+スナック)
企画;「噺小屋・幕間makuai」
【夕定食1620円、他居酒屋メニュ有り】

 2016.04.30

ナビゲーターの栗田さん。脳外科のリハビリに30年間従事後、
現在は知的障害者施設(奈良・榛原)へ週一で通っています。
那達幕開店当初からのお付き合い。ジャズファンです。
 
栗田さんとの話で、
ときとして考えさせられる話題に流れることがあり、
障害者や老人などの「介護」のはなしには、
深刻になってしまう。けれど、
それは「現場」からの貴重な問いには違いないのです。
 
「噺小屋・幕間makuai」の企画雑談会です。
話すということは聞くということでもありますから、
もちろん聞くだけでも参加してみてください。

太田順一さんの年賀状にはいつも近況報告のような短文があって
楽しみにしいました。それを真似て、3年前からこちらもちょっと
「ナニカ」を書くようにしました。
もうほんとに30年ぶりに、いきなりお願い電話すると、
時の間などなかったように快諾を返してくれて、
電話を切ったあとで「なんかいいなぁ」と嬉しくなりました。

★「撮ること、書くこと」を語る
・・・写真家・太田順一
写真を撮るということ
【スライド映写&トーク】
★日時;3月12日(土) PM5:30~
★参加費;1500円(1-drink&snack)

※企画;「噺小屋・幕間makuai」
※夕定食;1560円、他居酒屋メニュあります。

以下、チラシ内文のコピーです。
ある日の居酒屋タイムで、思いがけず旧知の太田順一
さんの名が出た。誠実な仕事を続けている写真家で、
揺るぎなさは作品集が物語っている。
   ※写真について話してもらおう。
読ませる著書もある。
   ※表現者として、仕事・生活・社会の話をしてもらおう。
そのあと、かれを交えてのゾウダン(雑談)を楽しもう!
十分に「いいかげん」なひとでもある。
お酒好きなひとでもある。いい夜を過ごせるだろう。
30年の時を超えての依頼の電話に、
昨日の続きのような快諾が返ってきた。うん、いいなぁー!
毎度のセリフですが、
好奇心を伴に気軽においでください。


ペシャワール会と中村哲さんを語る会
のような集りをします。
題して、生(ナマ)でTwitter
好奇心と共に気軽においでください。
(集り具合を見てDVD「アフガニスタン干ばつの大地に
用水路拓く~治水技術7年の記録~」を上映します)
◆2月27日(土)夕5:30~
◆参加費;1000円(drink&snack)
幕間PMS
アーベ・マルワリード(真珠の川)の名の通り
美しい用水路がアフガニスタンにあります。
周知のように、ペシャワール会と中村哲医師を中心に、
多くの日本人の良心(15億円の工費)とアフガン農民の
気魄の精神が拓いた水路。
クナール川からガンベリ砂漠に至る25㎞の用水路は、
2003年3月に着工、2010年2月に完成している。

4年後、マルワリード用水路とガンベリ平野を眺めて
中村哲医師の感慨。『天、共に在り』より
「濁流の取水堰から25㎞、ガンベリ平野は平和である。
かつて一夜にして開拓地を埋めた砂嵐も、一瞬にして
家々を呑み込んだ洪水も、広大な樹林帯に守られている。
幾多の旅人を葬り去った強烈な陽光もまた、死の谷を
恵みの谷に転じ、豊かな収穫を約束する。
二万本の果樹の園、膨大な穀物生産、野菜畑、砂防林から
得る薪や建材、多くの家畜を養う広大な草地、今や自活は
可能である。悪化の一途をたどる政情を尻目に、静かに
広がる緑の大地は、もの言わずとも、無限の恵みを語る。
平和とは観念ではなく、実体である。」

以上のような文を読み、用水路の写真等を見ると、
日本の山林の方が砂漠のような荒野にさえ見えてくる。
 1  2  3  4  5  6  ≫
忍者ブログ [PR]